TOP  >  CONSULTING  >  Quick Research

Quick Research

製品ラインナップ分析

※モジュラーデザイン導入前サービス


想定ケース
本サービスは、以下のようなケースでのご提供を想定しています。

  • 多様な顧客ニーズに対応してきたため、製品ラインナップが多くなりすぎ、生産効率が悪化しているが、どの機種に絞ってよいかわからない
  • 新製品を設計する度に部品が新設され、部品種類が増加した結果、金型や治具等の生産機材の管理コストが増大している
  • 製品寿命が長く、サポート期間が長いため、製品リリースを行うたびにサービス部品(補修部品)の種類が増え、その在庫も雪だるま式に増えている

活動内容

  1. 製品ラインナップの現状の見える化
    製品の特徴を決定する仕様を調査し、現状の製品ラインナップのムダ・ムラを明確化します
  2. 製品ラインナップのあるべき姿の見える化
    製品の特徴を決定する仕様にモジュール数※を適用して重複や乖離を無くし、製品ラインナップのあるべき姿を明確化します
    ※製品の重複/乖離を防ぐため、又は、部品の互換性を高めるために、製品のサイズなどの仕様に用いる数値を等比数列または等差数列で展開した表
  3. 想定効果試算
    製品ラインナップを整備した場合の想定効果を試算します

実施後の効果

  • 現在の製品ラインナップのムダ・ムラを見える化し、製品ラインナップのあるべき姿(最小の製品数で最大の顧客を獲得するラインナップ)を明確にします
  • 製品ラインナップのムダ・ムラが改善され、部品種類の削減につながります
  • 製品ラインナップの整備によって期待できる効果を試算できます
ページトップへ
*