TOP  >  CONSULTING  >  Quick Research

Quick Research

経営革新アセスメント

想定ケース
本サービスは、以下のようなケースでのご提供を想定しています。

  • 自社の業界内での客観的パフォーマンスレベルが把握できないため、中期経営計画や事業計画の目標や戦略の方向性が定まらない
  • 現状の経営パフォーマンスの何が強く、何が弱いのかを客観的に評価する基準がないため、どの経営指標を向上するべきかが定まらない
  • 同業他社の動向は把握しているが、評価・比較が定性的な内容にとどまり、業界トップ企業の施策を個別に模倣する状態になっている

活動内容

  1. 経営パフォーマンス&経営革新ステージ可視化
    自社財務データの分析により、各経営指標のバランスの可視化と経営革新ステージ評価を行います
  2. 業界内の実力値・ポジション分析
    自社の業界内のポジションや経営革新ステージを同業他社と比較・分析します
  3. 改革の方向性導出
    業界及び自社の事業環境を踏まえて、次のステージを目指すための改革の方向性と施策案を提示します

実施後の効果

  • 経営パフォーマンス(各経営指標間のバランス)が可視化され、自社が成長の道筋のどの段階にいるか(経営革新ステージ)を把握できます
  • 業界内における自社の位置づけと革新度合いを定量的に把握できます
  • 次のステージに向け、向上すべき経営指標と改革の方向性を把握できます
ページトップへ
*