TOP  >  CONSULTING  >  Quick Research

Quick Research

問題分析&構造化

想定ケース
本サービスは、以下のようなケースでのご提供を想定しています。

  • 新体制になったばかりで、部門・役職間の連携や意思疎通が不十分なため、複数部門にまたがる問題の真因や全体像が把握できない
  • 頻発する問題の対策優先度が声の大きさや手っ取り早さで決められるため、対症療法的な施策が先行し、根本的な解決につながらない
  • 各部門に詳細検討指示を出す前に、現状の主要かつ本質的な問題をまとめた上で改革方針を決めたいが、調査・整理の時間がない

活動内容

  1. 部門別ヒアリング&全体ミーティング
    部門別ヒアリングと全体ミーティングにより、 「問題・事象・原因」の情報をまとめ、意識レベルや認識のズレを是正します
  2. マネジメントフレームワークに基づく分析・構造化
    問題・事象・原因の複雑な相関関係を分析・整理した上で、経営視点のフレームワークを用いて情報を構造化します
  3. 問題解決の方向性導出
    フレームワークに沿ったビジネスの基本構造の要素ごとに、対策の方向性を導出します

実施後の効果

  • 第三者目線の客観的な分析により、問題の真因を捉えられます
  • 複数部門にまたがる問題の全体構造を、経営の視点から見ることができます
  • 問題の根本解決につながる対策の方向性と優先度が把握できます
ページトップへ
*